2006年09月08日

◆9/7為替の動き◆

9/7為替テクニカルレポート

東京市場では前日海外の流れを受けてドル円、ユーロ円とも円売りが
続く展開となりました。水準的には、ほぼ週初のレベルに戻して
NYに入りましたが、朝方発表された第二四半期の労働コストが予想より
強いことからドル買いが入り、ドル円は一時116.90まで上昇。
その後、NYの午後に発表されたベージュブックでは景気の減速を示して
いたことから引けにかけて、やや調整が入っています。

ドル円は一日を通して円売り・ドル買いの動きとなり平均足は中立、
再び週のサポートを上回ってくる動きとなりました。既にかなりの
時間サポートを割れて推移していたことを考えると簡単に再び
サポートになるとは言えないのですが、大きくは引き続き基準線と
雲の上限が重なる115.73/74レベルをサポートに、本日は116.40
レベルがサポートとなりそうです。いっぽう、レジスタンスは
117.00のレベルとなります。

ユーロ円も149円台前半へと戻し、こちらも週のサポートを上回って
くる動きとなりました。短期的には高値(31日150.73)も安値
(5日148.25)も付けた感がありますが、149.80レベルまでの戻しで
おさまっている間は短期的な地合いはユーロ安にあると考えても
よさそうです。本日は、149.65レベルをレジスタンスに148.90
レベルがサポート。60分足の引けで149.45を上回ってくると目先の
買いが強まる傾向が出そうです。

ユーロドルは、NYの朝方1.2770まで下げる動きも見られましたが、
1.2780以下の水準では買いも強く引けにかけては1.28台に戻す動き
となりました。本日もほぼ昨日のレンジと重なる1.2770レベルを
サポートに、1.2840レベルがレジスタンスとなるでしょう。

元為替ディーラーによる実践に使える為替セミナーはこちら

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jseminar/50739933