2006年08月16日

◆8/15為替テクニカルレポート◆

8/15為替テクニカルレポート

昨日は本日のPPI、明日のCPI発表を控えて小動きの中、先週末の流れを継いで
円が弱い地合いとなっていました。ドル円は116.75レベルを付けた後も、ドルの高値
圏でNYを引けています。

こうした動きを受けドル円の平均足は強い陽線が連続、引き続きドル高円安地合いに
あることを示しています。現状は、116.20レベルをサポートに116.90レベルをレジス
タンスとする流れにあります。

ユーロ円も再び平均足がしっかりとした陽線を示し、ユーロ高円安の地合いにあるこ
とを示しています。昨日も史上最高値に迫る水準まで買われており、いつ新値を更新
してもおかしくない状況と言えるでしょう。現状は、147.90レベルをサポートに、
148.65レベルをレジスタンスとしています。

ユーロドルはユーロ安の地合いが継続していますが、昨日はもみあいが続いていまし
た。日足も薄い雲の中(本日、1.2699〜1.2729)へと入り込みましたが、いまひとつ
勢いに欠ける展開です。現状は、1.2680レベルがサポート、1.2760レベルがレジスタ
ンスとなっています。

*月曜配信分より再掲
今週(14〜18日)の強いサポート、レジスタンスとなりうるゾーンは以下の通りで
す。

通貨ペア : サポートゾーン 〜 レジスタンスゾーン
 USD/JPY : 114.19/114.46 〜 116.78/117.05
 EUR/JPY : 146.86/147.05 〜 148.63/148.82
 EUR/USD : 1.2657/1.2681 〜 1.2883/1.2907


元為替ディーラーによる実践に使える為替セミナーはこちら

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jseminar/50711740