2006年08月09日

◆8/8為替テクニカルレポート◆

8/8為替テクニカルレポート

昨日は週末下げたドルに対する買い戻しで、ほぼ一日を通してドルが
じり高の展開となりましたが、特にドル円ではクロス円での買いも
目立ち115円台に乗せての引けとなっています。

ドル円は一時115.17のドル高値を付けた後もほぼ最高値圏でのクローズ
となり、金曜の下げをほとんど戻す動きとなり、均衡表でも雲の上へと
戻す格好となっています。
現状は雲の上限(114.72)をサポートに、金曜高値115.55とほぼ一致
する転換線(115.58)をレジスタンスとしています。

ユーロドルは、週末比40ポイント程度の下げにとどまりましたが、
本日のFOMCを前にドル円のようなドルの買い戻しが先行するとすれば、
もう少しユーロの売りが入ってもおかしくない状況ではあります。
現状は1.2870レベルをレジスタンスに、1.2785レベルをサポートとして
います。その手前、1.2810レベルも目先のサポートとなりやすい水準です。

ユーロ円はドル円での買い戻しに加え、クロス円での買いの影響もあり
一時148.04まで買われた後も147円台後半と強い地合いのままNYを引け
ました。しかし、ユーロ円の強いレジスタンスゾーンは147.99〜148.24
となっていますので一気に抜けて行くのは困難かと思います。
サポートは147.35レベルとなっています。

今週(7〜11日)の強いサポート、レジスタンスとなりうるゾーン
通貨ペア : サポートゾーン 〜 レジスタンスゾーン
 USD/JPY : 113.64/113.83 〜 115.44/115.63
 EUR/JPY : 145.63/145.88 〜 147.99/148.24
 EUR/USD : 1.2714/1.2737 〜 1.2929/1.2952


元為替ディーラーによる実践に使える為替セミナーはこちら

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jseminar/50703295